ブランサーチマーケティング

ヘッダー問い合わせ
PCメイン画像

大手検索エンジンYahoo!JAPAN・Googleなどに広告を掲載できるサービスです。
効率よく関心の高いユーザーにアプローチすることができます!
SEOよりも短期間で上位掲載ができ、高い集客が期待できます。

リスティング広告の特徴

リスティング広告とは

リスティング広告とは、日本でシェアが高いYahoo! JAPANやGoogleといった大手検索エンジンをはじめ、各エンジンが提携しているその他の有名サイトなどに広告を掲載できるサービスです。Yahoo! JAPANのリスティング広告サービスは「Yahoo! JAPAN プロモーション広告」といい、Googleのリスティング広告サービスは「Google Adwords」といいます。赤い枠で囲った枠がリスティング広告です。下記のように、検索結果ページの決まった部分(赤枠内)に、「タイトル」「説明文」「URL」からなるテキスト広告が表示され、検索されたキーワードや表示している情報に連動した広告が表示されます。例えば、「ダイエット」というキーワードで考えてみても、「ダイエット 運動」「ダイエット サプリメント」などのように、組み合わせるキーワードによって検索したユーザがどのようなことを想像しているかが全く違い、それによって広告を表示すべき業種も変わってきます。見込み客にピンポイントで、かつ低コストでアプローチすることができます。

エリア画像

掲載順位は「広告ランク」で決まる

1つのキーワードに複数の入札があった場合は、「入札価格」×「広告の品質」によって導き出される「広告ランク」というものによって広告の掲載順位が決まります。入札額が低くても品質を高くすることができれば、広告ランクが高くなり、入札額が高い他社の広告よりも上位に表示させることができるようになり、よりクリックしてもらえるようになります。

1日の予算上限を設定できる

たとえクリック数が多くても、「1日の予算」も設定でき、その予算を超えないように広告の表示・非表示が自動的に管理されるので、気がついたら、広告費が余分に発生していたということはありませんので安心できます。

掲載エリア・時間・年齢など細かく設定可能

たとえば、静岡県内、午前10時〜午後7時、20歳〜60歳、男性というように、ターゲットを細かく設定することが可能です。基本は、最初はある程度広めに設定し、クリック状況を見ながら徐々に絞り込んでいきます。

広告効果が数値データで分かる

リスティング広告の大きなメリットの1つとして、広告効果を数値データで測定できる点があげられます。1日の広告表示回数(インプレッション数)、クリック率、コンバージョン率などもデータで分かります。数値データを見ながら、効果のあるキーワード・広告文をさらに伸ばし、逆に数値の低い広告を修正、予算と効果の最適な組み合わせを探りながら運用していきます。

時間がかかるSEOと違い、すぐにコントロールが出来る

オーガニック検索で1ページ目の上位に表示させるためには多くの時間と労力、コストを要します。上位に表示させるためには、検索ユーザーが満足するような情報を提供している、という検索エンジンからのお墨付きをいただく必要があるからです。一方、リスティング広告は、キーワードの入札価格や広告としての品質(品質スコア)によって表示される順位が付けられます。入札価格を高めに設定したり、広告分を修正したりすることで、すぐに上位に表示させることが可能です。

いつでもSTOPできる

運用当初は、情報収集期間であるため、最初の1〜2ヶ月は不安定になります。最低の契約が3ヶ月というのはそのためです。しかし、その後も思うような結果につながらなかった場合は、いつでもSTOPすることが可能です。